年子の子連れ旅

バリ旅行から3ヶ月!気になるのは、子どもたちの記憶に残ってる?

家族旅行から3ヶ月経って、、、

2月からの3ヶ月の間に、世界でもコロナウイルスが広がり、日本でも緊急事態宣言が出される事態になりました。

いろいろあった3ヶ月でしたが、旅行前に気になっていたこと!

それは子供達の記憶にどれだけ残るのか?ということでした。

下の子は1歳5ヶ月だったので、感じたことはたくさんあっても覚えてるかはわかりません。(やっと言葉が増えてきたかな、という感じなので、もっと話せるようになったら聞いてみたいと思ってます)

なので、出発時3歳手前だった上の子のこと中心で書いていこうと思います!

思っていたよりも記憶に残ってる

ふとした時に

「バリでゾウさんに乗った!」

「お猿さんがトウモロコシ食べてた!」

「プールに入ってる写真を見せて!」

「またバリいこうね!」「みんなでいこうね!」

と旅行中のことを話してます。

意外としっかりと覚えてくれていて、母としてはとっても嬉しいです。

「思い出に残るもの」は記憶を引き出す?

家に飾る絵が欲しくて、小さな絵を2枚買ってきたのですが、一枚はハイビスカス。

もう一枚は魚の絵。

これは上の子がどうしても自分でこれがいい!と選んだからか覚えてくれています。

現地で買ったおもちゃも

「これはバリで買ったね!」と覚えてくれているよう、、、。

「思い出に残るもの」や「写真」「話」は記憶を引き出してくれているようです。

兄弟で旅行の写真を眺めてる

何より微笑ましいなぁと思ったのは、リビングに写真を置いているのですが、それを2人で楽しそうに見ていることです。

写真を見ながら「これはなんだったけ?」と聞いてきたり

「バリのお兄さんの写真はないの?」と聞いてきたり。(どこで会ったお兄さんの子とかが分からない、、、)

特に上の子は、ときどき飾ってある棚から写真を持ってきては大事そうにしています。

そういう子どもたちの様子を見ては「行ってよかったなぁ」と思っています。

得られたものはとっても大きい

子どもたちにとってもですが、家族として得られたものは大きかったです。

家族4人で共有できる1つの大きな思い出になりました!

そう思うととっても貴重な時間でした!

「ああだった、こうだったね」

「次に行くときは何をしようか?」と話す時間も今は楽しいです。

子どもたちとこうやって一緒に行ける期間は限られていると思うと、少し寂しかったりもします。

コロナウイルスが収束したら、

資金が貯まったら、

また家族4人で海外旅行する日を夢見て、、、

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村